日本人とマグロの歴史

マグロの釣り方のイラスト

まぐろはいつから食べていた?

日本人はいつからマグロを食べていたのでしょう。

縄文時代の貝塚からマグロの骨が出土しており、その時代には食べていたということがわかっています。

今でこそマグロは高級品として価値の高いものとして日本人だけでなく世界でも認められていますが、

古事記や日本書紀、万葉集にはマグロは「しび」という名前で記載され、江戸時代の「慶長見聞集」では「シビと呼ぶ声の死日と聞えて不吉なり」と記載されていることからも、良い扱いは受けておらず、下魚とされて庶民のうちでも下の層が食べるものでした。

マグロは鮮度が落ちやすく、現代のように交通網が発達していなかったわけですからさらに痛みやすく、価値が低い魚とされていたのでしょう。

でも、江戸時代に、そんなマグロにも脚光を浴びる時が来ます。

「漬け」の発明

江戸時代中期に、醤油がやっと一般にも出回るようになり、鮮度が落ち始めたマグロを醤油に漬けて食べる調理法が発明されたのです。

「漬け」の登場です。

寿司の江戸前も漬けでした。

ただ、この頃も脂質の多い腹肉部分であるトロは、脂分が多いため漬けにすることもできず、いたみやすいので、捨てられたり、ネコも食べずにまたぐ「猫またぎ」とも言われる扱いでした。

この扱いは、大正時代頃まで続きました。

マグロの刺身は、赤身であっても、冷凍技術も交通網も今ほどでなかった昭和30年代においては、港から遠く離れた山里に住む人たちにとっては、盆か正月など特別な時に食べる貴重品でありご馳走でした。ですが、やはり魚屋から買ってきて食卓に並ぶ時には黒くなっていました。

やがて同じ頃、マグロ延縄漁船など冷凍保存技術の発達もあり、食卓で黒かったマグロは、いつしか食卓でも赤身のままという時代になってきました。また、冷凍技術の発達は、それまでいたみやすかったトロを元の新鮮なまま食べることができるようになったことと、日本人の食生活の変化もあって、トロは生食用として徐々に脚光を浴びるようになっていきました。

トロの方が取れる量が少ないことから、価格も赤身よりも高くなり、この頃、赤身とトロの人気が逆転したのです。

つらい選択だったマグロ船の減船

いつしかマグロの刺身は、特別の日だけにたまに食卓に出るものだったのが、週に1度となり、やがて価格も下がったこともあり、頻繁に食卓に上がるようになりました。

それまで日本では、マグロの魚価は高かったので、世界がそれに目をつけ、世界中でマグロの乱獲をし、とった安いマグロを日本に売る、ということが始まりました。その当時はまだ世界ではマグロを食べる、というのは日本人くらいだったのです。世界では獲ったマグロを日本向けに輸出するようになりました。高く売れるからです。

いくら高く売れるといっても、安い労働力で獲ったマグロはそれだけ安くなります。日本人が苦労して長い期間をかけて遠洋でとってきたマグロより安いマグロが成田漁港にあふれたわけです。それが巷のスーパーに並ぶと、日本人が獲った適正価格のマグロの価格も、必然的に安い方に合わせるようになります。

それと同時にマグロが獲れなくなってきます。多数の外国船がマグロを獲って行ってしまうからです。

燃油も高騰したりします。

消費者は安い方に流れがちです。

日本のマグロ漁は採算割れの船も多くなり、次第に落ち込んでいきました。

平成初期になると、1年以上マグロ漁に出かけてマグロを獲ってきても、収支は赤字、という状況が多くの船で見られました。魚価を上げてマグロ漁を存続させるためにも、水産庁は、マグロ船の減船を決定します。

マグロ漁の船をスクラップして船を減らせば、獲れるマグロもそれだけ減り、資源は守ることができる、と考えたのです。量が少なくなれば価格も上がる、しかも日本がクジラ漁で世界の理解を得られず禁漁となってしまった苦い経験から、日本人のソウルフードと言って過言でないマグロに同様のことがあってはいけないと考えたことも一因です。世界から「日本はマグロをもう獲るな」と言われる前に減船する、と考えました。

船は国の所有物ではありませんが、このままでは漁に出るたびに借金が増えていく船主からすれば、国の補助金をもらってスクラップした方がよいと考える人もいて、日本中で減船が行われました。

その頃、地中海では、マグロの畜養が成功していました。

マグロは、動いていないとエラ呼吸ができないため、24時間、動いている魚です。ですから、畜養のようなことは難しいと言われていました。その成功も素晴らしいことですが、近畿大学でも2002年に本マグロとして知られるクロマグロの養殖に成功し、外国からの輸入が必要でなくなる日がいつか来るのではないか、と明るい未来の兆しとなりました。

マグロは日本人のソウルフード

今は、世界中でsushiブーム、日本食ブームが起こり、まぐろの刺身を食べるのは日本人だけではなくなりました。

が、やはりダントツな消費量は日本です。

天然ものの他に、畜養もののマグロも多く出回るようになりました。

古くから食用とされ、近代では刺身で食べる日本人の食生活になくてはならない魚として、マグロは日本人のソウルフードと言えるでしょう。

今や食卓に頻繁に上がるマグロの刺身ですが、

正月やお盆、誕生日など人が集まる時には、トロもドーンと大盛にして、皆で楽しく幸福感に満ちた食事をしたいものですね。

マグロは人気のお店からお取寄せ

年末年始・お盆・お誕生日・給料日・ボーナス・昇給・学校の成績上がった時はマグロでお祝い♬

 マグロで家族を笑顔にしたい!!オススメはこちら>>

 
お取り寄せ大好き主婦のおすすめ!大トロもマグロは人気の通販店から>>
 

マグロを通販で取り寄せているこのサイトの管理人

40代。パート勤め。両親と主人、子どもの家族6人の主婦です。毎日忙しいので、買い物は週一度の大型スーパーの買い出しの他にお取寄せサイトを10年以上利用しています。マグロも家族全員好きなので、お気に入りのお取寄せサイトからいつも注文しています。(テルミ)

いろいろなマグロの通販

マグロのギフトブック


大トロからネギトロまで8種類のマグロの中から選べるもらってうれしいギフトブック

5,400円(税込)


8,100円(税込)

 



10,800円(税込)

 


16,200円(税込)

 

 



21,600円(税込)

 

 

マグロを1~2人分だけ欲しい時



本鮪カマトロ 

2,160円(税込)

 


伊達マグロカマトロ

2,700円(税込)

 



本鮪大トロスライス

1,850円(税込)

 



伊達マグロ大トロ

3,450円(税込)

 

マグロのおすすめ通販サイト